読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター鈴木朋子のちょこちょこ

スマホ、SNS、楽しいものについてちょこちょこ書いてます。

自著にレビューをいただける嬉しさ

2015年9月に出版した「今すぐ使えるかんたん文庫 LINE&FacebookTwitter 基本&活用ワザ」は、発売以来おかげさまでAmazonSNS入門書カテゴリでベストセラー1位を保っています。ぽつぽつとレビューもいただき、今日は7件めのレビューを見つけました。

私の本を手に取る読者さまは、ITはあまり得意でないけれど、勉強熱心な方が多いのではないかと思います。そうした方々がAmazonにアクセスしてレビューを書いてくださるのは、本当に嬉しく思います。また、Amazon以外のネット書店やクチコミサイトに感想を寄せてくださる方もありがたく思っています。私は検索してるので、ほぼ読めているはずです。

私は元々メーカーのシステムエンジニアで、お客様は大手の会社や大学でした。私が開発した製品を使っての感想はほとんど耳に入ってくることはありませんでした。ライターの初期は書籍を書いていましたが、今のように誰もがネットに書き込む時代ではなかったので、出版社に寄せられる感想を聞くぐらいでした。

いま、誰もがレビューを書き、それを著者が読み、その他の人も読む時代です。読者の方からの直接の声は大切で、重要で、貴重なものです。嬉しくもあり、緊張もします。でも、私がもっと上手に書けるようになりたい、もっと役立てる記事を提供したいと思えるのは、こうした声があるからこそです。

お礼を言おうと思っただけなのに、なんだか熱くなってしまいました。急に恥ずかしくなりましたが、書籍を読んで下さった皆さま、ウェブ記事やこのブログを読んでくださった皆さま、本当に感謝しています。これからもがんばるぞ。